勉強したい大学生はまず「価値ある」文章を読みましょう

こんにちは、superwriterです。

大学生はよく何を勉強すればいいか分からないなんて声がよく聞こえてきますが、なにも大学の専門書を読むことだけが勉強ではありません。

優秀な成功者の意見を読むことも勉強ですし、そこから興味のある分野が出てくるかもしれません。

ボクが勧める本の選び方は、まずは成功者のエッセイを読みましょうということです

それはスポーツ選手でもいいし、実業家でもいいし、投資家でも政治家でもいい。

成功した人が、どんなことを考えて、どんなことをしてきたのかをまず学びましょう。

そこから、じゃあ自分との共通点はどこだろうとか、この人の働いている分野が面白そうだなとか、いろんなことが見えてきます。

ここで一つ注意です。

最近はブログやウェブコラムの発達で、無料で文章が読めることがかなり頻繁にあります。

しかしあくまでもそれは無料で得られるものに過ぎません。

テクニックなどはある程度カバーできても、その人の人生の本当に面白いところには触れられていないケースが多い。

だからそういった文章は、その著者を知るきっかけ程度に考えておきましょう。

人生に大切なことは、有料の本に書いてあります。

つまり、本を読むということは、お金を払って作者の人生に触れることなんですね。

もちろんその中で技術を学ぶこともあるかもしれませんが、本当に大切なのはこの人生観の部分。

やはり豊かな人間性というのは読書によって得られることが多いというのはこういうことなんです。

以上、superwriterでした!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました