『ラクして得するフランス人 まじめで損する日本人』を読むと、もうコンビニには行けなくなる

面白い本

こんにちは、superwriterです!

 

先日『ラクして得するフランス人 まじめで損する日本人』という本を読みました。

 

そこでボクが感じた「フランス人と日本人の生活」について書いていきます!

 

スポンサーリンク

気軽にモノを買うことを嫌うフランス人

フランス人は、買い物にものすごいこだわりがあるらしい。

 

1000円のTシャツ一枚買うにも、色合い、サイズ、着回しなどなどとにかくこだわる。

 

何度も何着も試着してやっと一枚を選ぶ。

 

色褪せたTシャツも、捨てずに染め直して、全く新しいTシャツにしてしまう。

 

さらにフランス人のキッチンには、モノが少ない。

 

調味料もごくわずか。

 

その日のドレッシングさえも自分で作ってしまう。

 

フランス人は「無いから買う」のではなく「あるものを上手く使う」のだ

 

オン・オフの切り替えで毎日を豊かに

フランス人は毎日豪華なコース料理を食べているかと思うかもしれない。

 

でもそんなことはない。

 

むしろ毎日の食事はかなり質素なものだ。

 

だからこそ、誕生日やパーティの日にはお互いが、おいしいものを持ち寄って贅沢をする。

 

このオン・オフの切り替えこそが、フランス人の豊かさの源なのだ。

 

フランス人の暮らしとは、まさに昔の日本なのでは?

ここまで簡単に内容を紹介してきて思うことがある。

 

それは、フランス人の暮らしとはまさに、昔の日本のあり方ではないだろうか?

 

モノを大切にする。

 

あるモノを上手く活用して、ないものを補う。

 

ハレの日のために、平素をシンプルにする。

 

まさに日本人が、近代まで積み重ねてきた文化そのものなのである。

 

そこに気が付いてしまったボクらは、もう今の生活を続けることはできないはずだ。

 

身の回りにあふれた不用品の山を、

 

なにとなしに買ってしまうモノを。

 

 

関連記事:

『フランス人は10着しか服を持たない』がベストセラーになった3つの理由
誰もが聞いたことのあるタイトル、『フランス人は10着しか服を持たない』。フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~posted with ヨメレバジェニファー・L・スコット 大和書房 20...
はあちゅう『半径5メートルの野望』の要約・レビュー/輝いて生きるために
半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)posted with ヨメレバはあちゅう 講談社 2016-06-15Amazon楽天ブックス7net『半径5メートルの野望』。プロブロガー・作家・コラムニ...
「見城徹」と「藤田晋」の本から「突き抜けるための名言」をまとめてみた!
幻冬舎社長・見城徹と、サイバーエージェント代表・藤田晋。出版業界と、インターネット業界、ふたつの世界で時代の寵児となった彼らが、自らの仕事論、人生論を詰め込んだ一冊。それが本書、『憂鬱でなければ、仕事じゃない』だ。こ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました