ウマが合わない人は避けられない!? 上手に付き合う3つの方法

ライフハック

こんにちは、superwriterです!

新年度が始まって、新しい環境や新しい出会いが盛りだくさんの季節ですね。

中には面白い人間もいれば、全くウマが合わない人もいることでしょう。

ウマが合わない人との関わり方を間違えると、あなたのストレスは急激に増えてしまいます。

ウマが合わない人とは関わらないことが一番ですが、会社や学校でどうしても関わらなくてはならない場合、上手に付き合う方法をご紹介します!

スポンサーリンク

なぜウマが合わない!?

人間にはどうしてウマが合わない人ができてしまうのでしょうか?

それにはいくつか理由が考えられますが、大きく分けて2つの要因があります。

ウマが合わない人とは、「価値観」が違う

価値観が違う人とは、ウマが合いませんよね。

どちらを選んでもいい選択の際に、自分と選択肢が一致しない人は、だいたいウマが合わない人です。

価値観が違う人と、一緒に何かをやる時には、小さなことから大きなことまで、頻繁に意見のズレが起きてしまいます。

その度にお互いの意見をすり合わせたり、意見をぶつけ合ってしまっていては、ストレスが溜まるばかりですよね。

ウマが合わない人とは、「経験値」が違う

経験値が違う人とは、なかなかウマが合わない時があります。

例えば、自分が既にクリアした問題を未だにやっている人とは、なかなか同じペースでものごとを進めることができません。

先輩後輩などの関係ならば話は別ですが、同期程度の近さの関係で、ペースが違うと困ることがたくさんあります。

また、倫理観・道徳観念・ものごとへの向き合い方などの、根本的な人間性の面で経験値に違いがあると、そもそも関わるのがしんどくなります。

ウマが合わない人にやってはいけないこと

ウマが合わない人に対しては、適切に対応しなくてはなりません。

なぜなら、ウマが合わない人に普段通り接していても、いつもと同じように上手くいくわけがないからです。

多くの人は、この点を見落としているので、ウマが合わない人との付き合い方が下手なのです。

ウマが合わない人に対して、感情的にならない

ウマが合わない人に対して、感情的になってはいけません。

自分と考えが合わずにイライラしてしまう気持ちは誰しもあります。

しかし、感情的に接してしまえば、相手との距離感は余計に広がってしまいますし、あなたの意見をきちんと聞いてもらえなくなります。

もしあなたが相手側だったら、感情的に対応されたらどう思うでしょうか?

それがウマが合わない相手だったらなおさらどう思うでしょうか?

ウマが合わない人に対して、正面衝突をしない

ウマが合わない人に対して、正面衝突の議論をしてはいけません。

正面衝突の議論とは、お互いに意見をぶつけ合うアグレッシブな議論のことです。

自分と考えの合う人との議論ならばそれで良いでしょうが、ウマが合わない人に対しては効果的ではありません。

なぜなら、普通に意見を交わしていても、絶対にウマが合わないからです。

ウマが合わない人との上手な付き合い方

ウマが合わない人とでも、上手な付き合い方をすれば、ちゃんと分かり合い、協力し合うことができます。

では、ウマが合わない人とはどのように付き合えば良いのでしょうか?

これから具体的な方法を3つご紹介します。

お互いの意見を聞き合おう

ウマが合わない人とは、お互いの意見を聞き合うことで、上手に付き合うことができます。

ウマが合わない人とは、無意識に距離を置いていませんか?

そのせいで、自然と対話の機会が少なくなっていませんか?

そんな状態では、余計に誤解や不一致が増えるばかりです。

ウマが合わない人とは、むしろ逆に積極的に対話する機会を作りましょう。

そして意見をぶつけ合うのではなく、お互いの意見を聞き合うようにしましょう。

そうすると、実はコミュニケーション不足による不一致だったことに気が付くことも多いのです。

相手の意見を尊重しよう

ウマが合わない人と対話する際に、相手の意見を尊重するようにしましょう。

人は、自分の意見を否定されると嫌な気分になります。

もちろんお互いの意見を批判しあうことは大切なことです。

しかし、ウマが合わない人に対しては、必要以上に相手の意見を否定してしまいませんか?

そんな状況を防ぐためには、まずは相手の意見を尊重してみましょう。

相手の意見の中でも、ここは正しいけどここは違うんじゃないかな、そう考えてみるだけでかなり効果があります。

まずは相手の意見を自分の中でかみ砕いてから批判しましょう。

一度で理解できると思わないようにしよう

ウマが合わない人とは、一度で理解し合えると思ってはいけません。

そもそも根本的に合わないから、ウマが合わないのです。

あなたと相手との間には、一度話しただけでは理解できないような誤解や、考えの不一致があるでしょう。

ウマが合わない人と、本当に関わらければならない状況なのであれば、一度でお互いを理解し合えると思わず、何度でも対話を繰り返しましょう。

まとめ

ウマが合わない人との上手な付き合い方

・お互いの意見を聞き合おう

・相手の意見を尊重しよう

・一度で理解できると思わないようにしよう

ウマが合わない人との関わり方はとても難しいものです。

いい年した大人でも、上手に関わることができない人もたくさんいます。

まずは小さなコミュニケーションで気を配ることから始めましょう。

以上、superwriterでした!!!

関連記事:

なぜ今、お金について学ばなくてはならないのか|自分を守るために学ぶ
こんにちは、superwriter です。皆さんは、「なぜお金について学ばなくてはならないのか?」と疑問に思ったことはありませんか?税金、年金、社会保障といったむずかしいシステムや、現金orキャッシュレス、電子マネー、ネットバンクと...
ライターとしての哲学|芸術家として書く。職人として書く。そして――
フリーになるやつってのは、自分の中に表現したい何かがあると思うんだよ。技術的な事をあれこれ考えるより先にシャッターを押してんだよな。――『イエスタデイをうたって』第5巻このセリフは、漫画『イエスタデイをうたって』に出てくる一節です。...
なぜ若者はお金を使いたがらないのか? 20歳の視点から考えてみた
こんにちは、superwriterです。ネットの記事を読んでいると、ボクら20代はミレニアル世代と呼ばれ、上の世代とは異なる価値観で生きている人たちとして紹介されることが多いです。特に指摘されるのは、ミレニアル世代は、お金を使いたが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました