面白い本-小説

面白い本

【感想・ネタバレ】住野よる『君の膵臓をたべたい』

こんにちは、superwriterです! 今回は、住野よる『君の膵臓をたべたい』の感想記事です! 『君の膵臓をたべたい』とは? 2015年に出版された『君の膵臓をたべたい』。 実は大手小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿さ...
面白い本

「池井戸潤」ドラマ化おすすめ6作品のあらすじと経歴!

小説を出せばドラマ化、 そんな今をときめく作家「池井戸潤」。 今回は彼のドラマ化作品から、 おすすめの6作のあらすじを紹介します。 池井戸潤・経歴 岐阜県立加茂高等学校より、慶應義塾大学文学部、および法学部を卒業。...
面白い本

おすすめ小説『火花』が面白い3つの根拠とあらすじ

芥川賞を受賞したピース又吉作の『火花』。 火花 posted with ヨメレバ 又吉 直樹 文藝春秋 2015-03-11 Amazon Kindle 7net それが、2017年11月から実写映画が公開されます。 ...
面白い本

重松清/『とんび』の感想・読めばきっと、父の顔がみたくなる。

とんび (角川文庫) posted with ヨメレバ 重松 清 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-10-25 Amazon Kindle 7net 本書を手に取った理由は、いのちをかけて執筆した作者には失...
面白い本

おすすめの面白い恋愛小説17選! 大人がハマる作品集

ノルウェイの森/村上春樹:「世界の村上春樹」が紡ぐ巨編 ノルウェイの森 上 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 村上 春樹 講談社 2004-09-15 Amazon Kindle 7net ノルウェ...
面白い本

新井素子『チグリスとユーフラテス』惑星間移民の結末を描くSFストーリー

最後のシーンを読み終えたとき、ボクの目に映ったのは、紙の上に並んだ文字列ではなく、「惑星ナイン」というひとつの命の鼓動だった。 『チグリスとユーフラテス』は、新井素子作のSF大河小説だ。 今から約20年ほど前の作品ではあるが、登...
面白い本

【感想】上橋菜穂子『精霊の守り人』の面白さを3つのポイントで紹介!

こんにちは、superwriterです。 今回は漫画化、アニメ化、ドラマ化と絶大な人気を誇る『精霊の守り人』を紹介します。 あらすじ 女用心棒バルサはある日、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。 彼に宿りしは、精霊の卵...
面白い本

【小説 感想】上橋菜穂子『闇の守り人』を幅広い層におすすめしたい3つの理由

作家上橋菜穂子さんと言えば、『守り人シリーズ』で有名な作家です。 彼女の作品の中でボクが最もおすすめしたい作品が『闇の守り人』。 『守り人シリーズ』を読む上でもぜひこの作品から読んでほしいと思います。 『闇の守り人』あらすじ 女...
面白い本

【小説 感想】江國香織『左岸』に愛と人生を考えさせられる

ボクの大好きな作家の江國香織さん。 今回ご紹介する作品『左岸』は上下巻構成。 左岸(上) 価格:810円 (2016/10/20 22:08時点) 感想(23件) 左岸(下) 価格:810円 (2016/1...
面白い本

【小説 感想】作家「綾崎隼」をおすすめしたい3つの理由

皆さんは「綾崎隼」という作家をご存知ですか? ボクは2011年に彼の小説に出会ってからすっかり夢中になってしまいました。 読書好きの方に「おすすめの作家は?」と聞かれると必ずこの方をすすめます。 まずは彼のプロフィール...