お金が貯まる人と貯まらない人のちがいは「知っているかどうか」

コラム

こんにちは、superwriterです。

世の中には、お金が簡単に貯まってしまう人がいる一方で、お金が一向に貯まらず苦労してしまう人がたくさんいます。

このちがいは一体なんなのでしょうか?

それはお金が貯まる方法を「知っているかどうか」

ただこれだけです。

ではなぜ「知っているかどうか」のちがいが、お金が貯まるかどうかに関係してくるのでしょうか?

スポンサーリンク

お金を貯めるための効率的な方法がある

お金を貯める方法はたくさんありますが、その中でも効率的に貯めることができる方法は決まっています。

実はすでに、確実にお金が貯まる方法は確立されているので、それを知っているかどうかが大きな分かれ道になるのです。

さらに言えば、お金が貯まる方法が確立されているという事実を知っているかどうかも大きな違いになります。

絶対にお金が貯まる基本|誰も教えてくれない超基本的な節約法・貯金法
こんにちは、superwriterです!みなさんは、「一生懸...

知る→実践する→継続する

お金が貯まる方法を知っていれば、あとはそれを実践するだけです。

実践しなければ、絶対に結果は出ません。

とはいえ、テスト前の一夜漬けのように、ほんの一瞬頑張ってもお金は貯まらないのです。

ここが非常に難しいところで、お金を貯めるには、

知る→実践する→継続する

この段階まで到達しないといけないのです。

つまり、ただ知っているだけでもダメで、ただ実践してみただけでもダメで、それを継続しなくてはなりません。

この事実も、知っているかどうかです。

限られた人だけがお金持ちになる理由

なぜお金持ちの数が少ないのか、なぜ限られた人しかお金持ちになっていないのか。

そんなことを考えたことはありませんか?

その理由は単純です。

先ほどの「継続」の段階まで到達できる人が少ないからです。

まずお金を貯めるための効率的な方法を知っている人が、10人に1人だとしましょう。

その上で知識を実践できる人はさらに少なくなります。よくて1000人に1人でしょう。

さらにそれを継続しなくては効果がないと知っていて、かつ継続できる人はさらに少ない。それこそ100,000人に1人でしょう。

このようにしてお金持ちとそうじゃない人とのちがいが生まれているのです。

お金が貯まる方法を知っていて、実践できていても、継続できないからお金がいまいち貯まらない人や、

お金を貯めようと行動していて、継続もしているのに、効率的な方法を知らないからお金が貯まらない人。

こんな人たちが世の中にはたくさんいるんです。

でも、あなたとお金持ちとのちがいはたった1つだけ。

知っているかどうかです。

知ることはすべてに通ずる基本である

「知る」ということは、貯金だけでなく、すべてのことに通ずる基本です。

スポーツを例にしてみると分かりやすいですね。

スポーツでも、勝つために何が必要なのか知らなくては勝てませんし、相手選手の得意技、弱点を知らなくては勝つのは難しいでしょう。

練習もただ闇雲に行うより、自分に必要なことを知ってから練習する方が効果的に決まっています。

仕事や勉強も同じです。知っているかどうかは、人生のあらゆる局面において分かれ道となります。

まずはお金を貯めるために何が必要なのか、それを知ることから始めましょう!

【生活費・月6万】一人暮らし大学生のための最強節約法

一人暮らしの大学生には、時間もお金もありません。そのため社会人向けの節約術が通用しないことも。この記事では一人暮らしの大学生に特化した節約術を紹介。

なぜ今、お金について学ばなくてはならないのか|自分を守るために学ぶ
こんにちは、superwriter です。皆さんは、「なぜお...
ミニマルライフコストの計算法と実践してみた感想|月6万で楽しく生活できる
こんにちは、superwriterです。皆さんは、「ミニマル...

コメント

タイトルとURLをコピーしました