一番お得なキャッシュレスはキミ次第!? 自分に合った決済を選べる4つの方法

キャッシュレスの選び方

こんにちは、マネーライターのsuperwriterです!

 

最近キャッシュレスに関するお得情報をたくさん耳にするようになりましたね。

 

Pay Payの100億円還元キャンペーン、LINE Payの300億円還元、消費税増税に伴うキャッシュレス還元などなど。

 

これまで現金派だった人たちも、徐々にキャッシュレスデビューをし始めているようです。

 

しかしあまりにもキャッシュレス決済の数が多すぎて、

 

「いったい何がお得なのか?」

「本当に安全なのか?」

「そもそもクレジットカードに抵抗がある」

 

といった悩みから、手を出せない人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、

自分に合ったキャッシュレス決済の選び方

「目的別」にご紹介します。

 

スポンサーリンク

キャッシュレス決済を選ぶポイント

自分に合ったキャッシュレス決済を選ぶときには、

 

「キャッシュレス決済を使う目的」

 

を考えるとうまくいきます。

 

たとえばこんな感じ。

 

「ポイントで得したい」

「お金を増やしたい」

「どこでも使えるものがいい」

 

この目的に合わせて、ポイント還元率が高いものを選んだり、使いすぎを防ぐものを選んだり、使えるお店がたくさんあるものを選んだりすればいいんです。

 

ここではボクがおすすめするキャッシュレスを選ぶポイントをご紹介します。

 

  • 貯まるポイントで選ぶ
  • 使いすぎを防げるものを選ぶ
  • 使えるお店が多いものを選ぶ
  • 年会費や手数料が低いものを選ぶ

 

貯まるポイントで選ぶ

キャッシュレス決済を使う一番のメリットは

「ポイントが貯まってお得だから」

ですよね。

 

でもせっかくポイントを貯めているのに、あまり貯まらない、使い切れないなんてことはありませんか?

 

実は使いやすいポイントにも「選び方」があるんです。

 

ポイントを上手に貯めるには、

 

  • ふだん買い物するお店で使える
  • ポイントの使い道がたくさんある

 

この2つに目を配ってみてください。

 

そうすれば毎日の買い物でコツコツ貯まりやすいですし、使い道に困ることもありません。

 

今回おすすめしたいポイントはこの2つ。

 

  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント

 

どちらも街のお店や楽天系列・Yahoo!系列のサービスでの支払いでポイントが貯まりますし、使い道もたくさんあります。

 

楽天スーパーポイントを貯めるならQRコード決済の「楽天ペイ」

楽天ペイは0.5%の還元率でポイントが貯まりますが、

支払い方法に楽天カードを設定しておけば+1.0%、

アプリ内の楽天ポイントカードを使えばさらに+1.0%アップ。

合計2.5%のポイント還元を受けることができます。

 

さらに2019年7月1日までならさらに+3.5%、計6.0%還元で支払いできるキャンペーンが開催されているんです。

 

貯まった楽天スーパーポイントは、そのまま楽天ペイでの支払いに使えますし、楽天証券で100円から投資信託を買うこともできます。

 

おすすめは投資信託の購入ですね。

ポイントを貯めるだけでなく、投資で増やすこともできますよ。

 

Tポイントを貯めるならQRコード決済の「Pay Pay」がおすすめ

Pay Payは0.5%の還元率でPay Payボーナスが貯まりますが、

Yahoo! JAPANカードを支払い方法に設定すると3.0%にアップします。

 

さらにYahoo! JAPANカードの支払いで+1.0%、Pay Payアプリ内のTポイントカードで+1.0%のTポイントが貯まります。

 

合計5.0%のポイント還元を受けられるんですね。

 

さらにPay Payは大規模ポイント還元キャンペーンを頻繁に開催しています。

 

  • 20%還元
  • よく当たるくじ(全額還元)
  • 新規ダウンロードで500円ゲット

 

キャンペーンも含めた還元率ならPay Payがダントツです。

 

貯まったTポイントは街のお店やヤフーショッピング、LOHACOでの支払いに使えます。

 

おすすめなのはドラッグストアのウェルシアで使うこと!

 

ウェルシアでは毎週月曜日にTポイント払いをすると使用ポイントが1.5倍換算になるんです。

 

ふだんウェルシアを使うならTポイントを貯めてみるとお得に買い物できますよ。

 

使いすぎを防げるものを選ぶ

キャッシュレス決済の多くはクレジットカードと連携して支払うことになります。

 

でもクレジットカードはあくまでも「後払い」、使いすぎてしまわないか不安になる方の感覚は間違っていません。

 

クレジットカードは上手に使いこなせばとってもお得ですが、歯止めが効かずに支払いできなくなってしまう人がいるのも事実です。

 

しかし、クレジットカードを使わないキャッシュレスもあることをご存知ですか?

 

ボクがおすすめしたい「使いすぎを防げるキャッシュレス」は、デビットカードです!

 

デビットカードとは銀行口座から「即時引き落とし」で支払いができるカードのこと。

 

クレジットカードが使える場所ならほとんどのところで使えます。

 

即時引き落としなら、今ある分のお金しか使えないので使いすぎてしまうことはありません。

 

毎回の支払いで残高がちゃんと減るので、現金を使っているのと同じ感覚で使えます。

 

もちろん「ポイント」も貯まるのがすごいところ!

 

デビットカードはクレジットカードの弱点を克服した決済なんですね。

 

楽天銀行デビットカードは還元率1.0%

デビットカードの中でおすすめなのは、

楽天銀行デビットカードです!

 

クレジットカードの楽天カードと同じ楽天スーパーポイントが貯まります。

さらにポイント還元率は楽天カードと同じく1.0%

 

もちろんデビットカードなので即時引き落としです。

 

まるで楽天カードを使っているかのような感覚で使えるデビットカードになっているんですね。

 

ポイントをお得に使いこなすためにも、本質的にお金を貯めるためにも、ボクが一番おすすめしているキャッシュレス決済です。

 

使えるお店が多いものを選ぶ

キャッシュレス決済を選ぶときに重要になるのが

 

「使えるお店がたくさんあるか」

 

ということです。

 

せっかくお得な決済でも、使える場所が少ないとポイントは貯まりにくいですし、何より自分の生活に馴染んでいきません。

 

使えるお店の多さで選ぶなら、

 

  • クレジットカードorデビットカード
  • Pay Pay

 

この2種類ですね。

 

クレジットカードとデビットカードは最も使えるお店が多いキャッシュレス決済です。

 

日本国内のいろんなお店はもちろん、海外でも使うことができます。

 

そしてPay Payも実はかなり使えるお店が増えているんですね。

 

コンビニやスーパー、チェーン店だけでなく、個人店舗での導入率が最も高いQRコード決済がPay Payです。

 

毎日の買い物、街のお店での支払いに使うならPay Payを選んでみてください。

 

年会費・手数料が低いものを選ぶ

こんなにお得なキャッシュレス決済ですが、年会費・手数料には注意が必要です。

 

この記事で紹介しているキャッシュレス決済はすべて年会費も手数料も無料で使うことができますが、クレジットカードの中には年会費がかかるものもたくさんあります。

 

さらにクレジットカードの支払い方法をリボ払いにしている人は要注意。

 

リボ払いには手数料がかかるので、本来支払うべき金額よりも支払い額が多くなってしまいます。

 

せっかくポイントやキャンペーンで得をしているので、年会費と手数料を支払わずに利用したいですね。

 

まとめ

今回は自分に合ったキャッシュレス決済を選ぶポイントについてご紹介してきました。

 

現状たくさんのキャッシュレスが台頭しており、そのどれもメリット・デメリットを抱えています。

 

そのため「自分にとって一番お得なキャッシュレス決済は何か」を選ぶことが大切です。

 

キャッシュレス決済は上手に付き合うことで大きなメリットをもたらしてくれます。

 

ぜひ自分でキャッシュレスを選んで使いこなしてみてください。

 

キャッシュレス決済について知ろう! クレカ・電子マネー・QRコード決済・ポイントのすべてが分かる
こんにちは、superwriterです! ここは、 「キ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました