生活費を大幅に下げる節約法|「家から出ない」効果を解説!

節約術/支出を減らす方法

こんにちは、マネーライターのsuperwriterです!

 

お金を貯めるための最短ルートは、収入を増やして、支出を減らすことですよね。

 

〈お金が貯まる公式〉

収入ー支出=貯蓄>0

 

つまり「生活費を下げる」ことがお金を増やすためには絶対に必要なことなんです。

 

そこで今回は圧倒的に生活費を下げる裏ワザとして、

 

「家から出ない」という節約についてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

お金を使える場所が極端に減る!

ふだんほとんどの人が毎日家から出て、仕事をしたり、学校に行ったりして生活していますよね。

 

実は家の外というのは、お金を使える場所であふれているんです。

 

コンビニや自販機がいたるところにあれば、ランチができるおしゃれなお店もたくさん。

 

移動するにも、電車に乗ったり、タクシーに乗ったり、仕事が終われば居酒屋に行くかもしれません。

 

このように、外に出るだけでお金を使えるたくさんの誘惑にさらされてしまうんですね。

 

冷静に振り返ってみると、毎日の生活の中でお金を使うタイミングは、外出時が90%以上を占めているのではないでしょうか?

 

つまり家から出ないだけで、この90%の誘惑をすべてなんの我慢もなしに断ち切ることができるのです!

 

もちろん、日々仕事や学校がある人がほとんどなので、できる範囲の実践で大丈夫です。

 

覚えておきたいのは、お金を使うタイミングの90%は家の外だということです。

 

外に出るとウィルパワーを消費するから判断力が鈍る

皆さんは「ウィルパワー」というものを知っていますか?

 

これは日本語に訳すと「意志力」となり、何か決断をしたり、選択したりする能力のことを言います。

 

ウィルパワーは1日に使える量が決まっており、朝目が覚めたときに満タンで、そこから少しずついろんな決断や選択をするたびに減っていきます。

 

たとえば、朝起きて何をするか考えるだけでもウィルパワーは減りますし、仕事で重大な決断をするときにも大きく減少します。

 

そんなウィルパワー、誘惑たっぷりの外に出たらどうなるのか、いうまでもありません。

 

家の外に出るだけで、ウィルパワーはどんどん消費されていきます。

 

さらにたくさんの情報が脳に入ってくるので、脳の体力もどんどん減っていきます。

 

さて、ここで思い出してほしいのが、「お金を使うタイミングの90%は家の外」だということです。

 

ウィルパワーがどんどん減って、判断力が鈍ってしまう家の外、そこはお金を使える場所であふれているんです。

 

これは衝動買いや、ふらり立ち寄り買いを連発させ、支出が増える原因になってしまうんです。

 

自分に集中できる時間が増える

家の外に出ることは、家計にマイナスな要因を避ける方法として紹介してきましたが、もちろんプラスの効果もあります。

 

家の中にいると、必然的に自分に集中する時間が増えるというメリットがあります。

 

やらなくてはならない勉強や仕事に集中したり、読書をしたり、掃除をしたり、筋トレをしたりと、家の中でできることのほとんどは自分に直接的なメリットがあることばかりです。

 

とくに「周りの目が気になる」「つい周りの人と比べてしまう」という人には、家の中で自分自身に集中することがとてもおすすめです。

 

ふだん職場や学校でたくさんの人と関わるので、夜の時間や休日の時間だけでも、自分を見つめる機会を作ると、それだけで心に余裕が持てるようになりますよ。

 

もし「家の中でやることなんてないよ」という方がいたら、

  • 日記(ブログ)を書く
  • 本を読む
  • 映画をみる

ということをおすすめします。

 

自分の頭の中を整理できたり、新しい知識や自分と違う世界を見ることができたりと、良い刺激をたくさん得られますよ。

 

まとめ|「家から出ない」と節約できて自分に集中できる

家の外にはたくさんの誘惑と、お金を使う場所があふれています。

 

家から出ないだけでお金を使う90%のタイミングから逃れることができるので、圧倒的に生活費を下げることができるでしょう。

 

さらに家の中でできることは、自分に直接的なメリットがあることばかりです。

 

ふだん仕事や学校で外に出ている分、家の中にいる時間も意識的に作ることで、支出を減らし、有意義に過ごしてみませんか?

 

節約も貯金も投資もまずはここから学ぶ|「正しいお金の知識」を身につけよう
こんにちは、マネーライターのsuperwriterです!...

コメント

タイトルとURLをコピーしました