【ブログのネタ切れ】タイトルのブレインストーミングをしよう!

ブログの書き方/稼ぎ方

こんにちは、superwriterです!

 

ブログを書いている皆さんは、「ネタ切れ」に困ったことはありませんか?

 

ブログを書かなくてはならないのに、ネタがない! 書くことがない! ブロガーなら必ず経験することですよね。

 

そこで、今回はブログのネタ切れを解消する、タイトルのブレインストーミングというやり方をご紹介しましょう!

 

スポンサーリンク

ブレインストーミングとは?

ブレインストーミングとは、集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法である。

ブレインストーミングの4原則

判断・結論を出さない(結論厳禁)
自由なアイデア抽出を制限するような、批判を含む判断・結論は慎む。判断・結論は、ブレインストーミングの次の段階にゆずる。ただし可能性を広く抽出するための質問や意見ならば、その場で自由にぶつけ合う。たとえば「予算が足りない」と否定するのはこの段階では正しくないが、「予算が足りないがどう対応するのか」と可能性を広げる発言は歓迎される。
粗野な考えを歓迎する(自由奔放)
誰もが思いつきそうなアイデアよりも、奇抜な考え方やユニークで斬新なアイデアを重視する。新規性のある発明はたいてい最初は笑いものにされる事が多く、そういった提案こそを重視すること。
量を重視する(質より量)
様々な角度から、多くのアイデアを出す。一般的な考え方・アイデアはもちろん、一般的でなく新規性のある考え方・アイデアまであらゆる提案を歓迎する。
アイディアを結合し発展させる(結合改善)
別々のアイデアをくっつけたり一部を変化させたりすることで、新たなアイデアを生み出していく。他人の意見に便乗することが推奨される。

(ブレインストーミング – Wikipedia)

ブレインストーミングとは、こんな感じなんですが、要はとにかく思いついたアイディアを出しまくることなんですね!

 

タイトルだけ書きまくる!

さあ、ブログでネタ切れした時には、このブレインストーミングをやってみましょう!

 

1人でやってもいいですし、友達や同じブロガー仲間と一緒にやってみるのも良いでしょう!

 

ただし、ブログネタ切れの時のブレインストーミングで重要なのは、

  • 思いついたことはすべて書き出す
  • タイトルだけで構わない
  • 大量に出しまくる

この3つです!

 

ブレインストーミングは、途中で立ち止まってしまうと、アイディアも止まってしまうので、深く考えずにタイトルだけどんどん出していきましょう!

 

目安は、最低50タイトルです!

 

書けそうなネタから書いていく!

タイトルブレインストーミングができたら、書けそうなネタからどんどんブログに書いていきましょう!

 

書きたいネタ、詳しいネタ、最近関心のあるネタ、なんでも大丈夫です。

 

とりあえず書くことが大事ですよ!

 

ネタを選んだら、

  1. 書きたい小ネタを最低3つ出す
  2. 見出しを決める
  3. とりあえず書く

この3ステップでやればすぐにブログが書けますよ!

 

まとめ

ブログのネタ切れに困ったときは、タイトルだけでいいので、ブレインストーミングで最低50個ネタを出してみましょう!

 

そして書けそうなネタからどんどん書いていくと、勝手にブログが書けるようになりますよ!

 

さあ、今すぐ実践してみましょう!

 

堀江貴文『本音で生きる』要約と感想! 「成功のカギは、今すぐやること」
こんにちは、superwriterです!今回は堀江貴文『本音...
「絶対にアクセス数を増やす」ブログ執筆術・堀江貴文のベストセラーの売り方に学べ
こんにちは、superwriterです。今回は『なぜ堀江貴...
ブログは続けたもの勝ち。タイムライン上の99%のブロガーは続かない。
こんにちは、superwriterです。 最近、ブログは結...

コメント

タイトルとURLをコピーしました