【節約思考法】ムダを省いて良質なものにお金をかけよう!

節約術

こんにちは、superwriterです!

皆さんは、節約できていますか?

節約するには、具体的なテクニックはもちろん必要なのですが、節約できる考え方に変えることも重要です。

それでは、自然とお金が貯まるようになる節約思考法をご紹介しましょう!

スポンサーリンク

節約体質になるには、考え方を変えよう

最も効果のある節約は、長い間むりせず続けられることです。

そのためには、節約体質になるのが一番!

節約のテクニックだけ持っていても、それを実践し続けられなければ、絶対にお金は貯まりません。

無理して我慢した節約では、反動で一気に散財してしまう、お金のリバウンドもよく見られます。

これらを防ぐには、根本的にお金に対する考え方を変えてしまうことがおすすめ!

そうすれば一生ものの節約思考が身につきますよ。

お金のムダを省こう

お金が貯まる節約思考の第1段階は、ムダを省くことです!

毎日の生活の中で、ムダ遣いしてませんか?

まだ家にあったのに買ってしまった調味料とか、間違ってダブった漫画とか、買ったはいいものの全然着ていない服とか、割高なサービスを契約したままだとか。

こうしたムダ遣いを省くことで、お金が簡単に貯まるようになりますよ。

ムダ遣いを省くには、

1.買う前に一度立ち止まる

2.すでに持っているもので代用できないか考える

3.本当に必要なものなのか考えなおす

この3ステップを実践してみてください!

まずは1週間やってみると、おどろくほどお金を使わなくなりますよ。

そうして浮いたお金が、すなわちムダ遣いだったということですね。

関連記事:

おすすめの固定費の節約方法をまとめてみた! 簡単に月5万の節約効果を実感!
こんにちは、superwriterです!皆さんは節約したいと...
LINEモバイルで通信費を節約しよう! 一人暮らし・大学生必見!

LINEモバイルは、格安SIMの中でも「安くて」「使いやすくて」「オプションが充実」しています! 通信費節約のコツをご紹介しますよ!

良質なものにお金をかけよう

さあ次は、ムダを省いて浮いたお金の使い方が重要になりますね。

せっかく浮いたお金を浪費してしまうと、せっかく節約した努力が台無しになってしまいます。

そこで、第2段階として、良質なものにお金をかけましょう!

安いからといって、質の低いものを買って、結局すぐに使えなくなってしまったり、使い勝手が悪くてすぐに使わなくなってしまったりしたことはありませんか?

これもムダを発生させるひとつの原因ですよね。

でも、良質なものって具体的にどんなものでしょうか?

良質なものとは、

・性能が良い

・複数の機能を兼ねる

・物持ちが良い

・好きになれる

これらに当てはまるものです!

まず性能が良いことは分かりやすいですね。

性能が良ければ、その分使いやすかったり、時間や手間を短縮したりすることができます。

次に、複数の機能を兼ねることも分かりやすいですよね。

例えば、乾燥機付き洗濯機がいい例です。

洗濯機と乾燥機の2つの機能を1台でカバーできて、さらに洗濯物を干す手間も省けます。

もちろん別々に買うよりも安くて場所もとりません。

そして物持ちが良いことも、節約になります。

物はいずれ必ず壊れます。

そのたびに新しいものを買わなくてはなりません。

でも長く使えれば使えるほど、1年あたりの使用料は安くなっていきますよね。

長い目で見れば、物持ちが良いものを使う方が節約になるんです。

最後に、好きになれるものとはどういうことでしょうか?

それは、あなたが本当に気に入ったものを買いましょう、ということです。

大切なものや、思い入れのあるものは、どんなものでも大切に扱いますよね。

カンタンに捨てたりはしないし、壊れたら修理したくなるでしょう。

実はこれ、大きな節約効果を生んでいるのです。

1つの好きになれるものを、長く使うことで、カンタンに節約体質になれますよ。

まとめ

さあ今回は、節約体質になるための思考法をご紹介しました!

ムダを省いて、良質なものにお金をかければ、長い目でみるとお金が貯まるようになります。

お金に余裕があれば、より自由な生活を送ることができますよ。

今すぐ実践してみましょう!

関連記事:

【生活費・月6万】一人暮らし大学生のための最強節約法

一人暮らしの大学生には、時間もお金もありません。そのため社会人向けの節約術が通用しないことも。この記事では一人暮らしの大学生に特化した節約術を紹介。

「BroadWiMAX」がおすすめの4つの理由・業界最安価・通信制限なしのポケットWi-Fi
こんにちは、superwriterです!みなさん、スマホの通...

コメント

タイトルとURLをコピーしました