ただ節約するじゃお金は貯まらない? 本質的にお金を増やすためのマインド

お金が貯まるコラム

こんにちは、superwriterです!

 

皆さんは、

「お金を増やしたいな」と思って節約を始めたのに、

「あれっ、案外お金が増えないな」と感じたことはありませんか?

 

一生懸命節約をしたのに、たいして結果がでないと、

「節約しても意味がないんじゃなか」と思ってしまいますよね。

 

でも実は、ただ節約をするだけではお金は貯まらないんです。

 

お金を確実に増やしていくためには、絶対に理解しなくてはならない「お金の原則」というものがあるんです。

 

それでは、お金を増やすための考え方を見ていきましょう!!

スポンサーリンク

収入を増やす、支出を減らす→お金が増える

まずは、お金を増やすための「原則」をおさえておきましょう。

 

お金を増やすためには、ただ節約をするだけではいけません。

 

それでは、お金を増やすにはどうしたら良いでしょうか?

 

それは「余剰資金=余ったお金」を増やすことです。

 

この余剰資金が、

収入-支出=余剰資金

という仕組みで生まれることは分かりますよね。

 

つまり、効率的にお金を増やすには、収入を増やし、支出を減らすことが必要なのです。

 

ここで注意したいのは、お金を増やすための原則としては、具体的な支出項目(食費など)を見るのではなく、「支出」という大きな枠に目を向けることが必要なのです。

 

あなたは節約をしているときに、「支出を減らそう」としているのではなく、「具体的な項目の出費を減らそう」としてませんか?

 

例えば、食費を減らそう、洋服代を減らそう、光熱費を減らそう、などなど。

 

実はこの考え方の差に、節約だけではお金が増えない理由が隠されています。

 

収入-支出=余剰資金、という式をまた思い出してみましょう。

 

ここで重要なのは、「総合的にいくらお金を出ていったか」ということです。

 

実は具体的な項目を考えるのは、この「支出の合計値」を意識する次の段階なのです。

 

この段階をとばしてしまうと、本質的にお金を増やすことはできません。

 

一生懸命食費を減らしたのに、気が付いたら浮いた分を洋服に使ってしまっていた、なんてことになるわけです。

 

お金を増やすためには、

収入-支出=余剰資金

この式を常に意識しておきましょう。

具体的な目標をつくる

お金を増やすために、次に必要なことは、具体的な目標をつくることです。

 

目標をつくることは、お金を増やすことに限らず、仕事や勉強にも通ずる重要なことです。

 

ゴールを決めることで、「そこまで頑張ろう」という気持ちになりますよね。

 

ここで注意したいのは、「具体的な」目標であることです。

 

例えば、なんとなく「お金を増やしたい」なんて目標は、良い目標とはいえません。

 

また、収入が低いのに「10億円ためる!」といった明らかに非現実的な目標も良くないでしょう。

 

良い目標とは、「今自分が達成できそうなレベルより少し高い目標」です。

 

小さな目標でも構いませんので、少しずつステップアップしていくことを前提に目標を立てて見ましょう。

 

また具体的な目標を決めるためのもう一つのコツとして、「具体的な達成期間」を決めることも重要です。

 

仕事でも勉強でも、期限や〆切が決まっていると、なんだかんだ頑張りますよね。

 

節約は、一夜漬けではできないので、具体的な達成期間を決めておくと、日々の生活で意識しやすくなりますよ。

長く続きさせることでお金は楽に増える

お金を増やすために最もカンタンで、最も難しい方法が、「長続きさせること」です。

 

最もカンタンで、最も難しいって、矛盾していますよね。

 

これは、お金を増やすために、節約生活を長続きさせることが、論理的には最もカンタンな方法なのですが、実践するのは最も難しい、ということです。

 

毎日、毎月少しずつの節約でも、一年、十年と続ければ、相当なお金が増えることは分かりますよね。

 

でも毎日の節約を、ずっと続けることは、とっても難しいのです。

 

節約する中で、欲しいものが出てくるのは当然ですし、突然の臨時出費もあるかもしれません。

 

そんなことにも負けずに、コツコツと長続きさせることは、口で言うよりもはるかに難しいことなのです。

 

しかし、いったん節約生活のくせがついてしまえば、長続きさせることは非常にカンタンです。

 

問題はくせになるまで続かないことですよね。

 

なので、節約がくせになるまで、何とか節約生活を続けられるように、目標を立てたり、収入-支出=余剰資金、の式を意識したりするのです。

 

これらは自転車に慣れるための補助輪のようなものですね。

節約ではぜったいに無理をしない

節約をしてお金を増やすというと、毎日の生活を切り詰めて、必死にお金をつくるイメージがありますよね。

 

でもその方法では、お金は貯まりにくいと思って良いでしょう。

 

お金を増やす最もカンタンな方法は、「節約生活を長続きさせる」ことです。

 

毎日必死で節約する生活を、10年、20年と続けられるでしょうか?

 

よっぽどのストイックな人じゃなければ、これは不可能です。

 

誰だって楽してお金を増やしたいし、つらい思いをしてまでお金を増やしたくはありません。

 

そこで、お金を増やすために、節約生活を長続きさせるためには、無理のない範囲で節約生活をすることが重要です。

 

例えば、外食にお金がかかるからといって、毎日自炊するというのは大変ですよね。

 

そんなときは自炊するより多少お金がかかっても、スーパーでお惣菜を買ってきても、外食をするよりは十分節約になります。

 

通信費がかかるからといって、一番大切な趣味の映画鑑賞をやめる必要もありません。

 

映画鑑賞をやめたくなければ、他のどうでもいいことに使っているお金を減らすことを考えましょう。

 

そうすることで、無理なく節約生活を送ることができますよ。

定期的に振り返りをする

最後に、自分がほんとうに節約できているかどうかを、定期的に振り返るようにしましょう。

 

みなさん、家計簿はつけていますか?

 

自分で家計簿帳に書いてもいいですし、エクセルで記帳していく人もいます。

 

ボクのおすすめは、家計簿アプリです。

 

銀行口座やクレジットカードを登録しておくと、自動で記録してくれるので、毎日家計簿をつけるのが大変だという人にも楽ちんでおすすめですよ。

自動記録の家計簿アプリで節約生活をはじめよう!
こんにちは、superwriterです! 今回は、節約がカ...

 

特に家計簿アプリの中には、毎月自動で振り返りレポートを作成してくれる機能を持っているものもあります。

 

ボクが使っているマネーフォワードという家計簿アプリでは、毎月の収支をグラフにして、同じくらいの家計の人と比較して翌月の改善案を出してくれます。

 

自分で見直すのが大変な人は、アプリに頼るのも良いですよ。

 

定期的に振り返るための目的は、自己検証をすることです。

 

自分が実践してきた節約生活が、ほんとうにあれでよかったのかな?

 

もっと楽にできる方法はなかったかな?

 

効果的だと思っていたけど案外節約できていなかったな。

 

こんな風に振り返ることが重要なのです。

 

振り返ったら、その反省を活かして、その日から節約生活を少しずつ変えてみましょう。

 

こうすることで、長期的に見ると、お金がカンタンに増えるようになっていきますよ。

まとめ

それでは最後に、お金を増やすために必要な考え方をまとめてみましょう。

  1. 収入-支出=余剰資金の式を意識
  2. 具体的な目標を立てる
  3. 長続きさせる
  4. ぜったいに無理しない
  5. たまに振り返る

 

これらを実践すれば、本質的にお金が増えていきますよ。

 

さあ、今日から実践してみましょう!

節約・貯金・投資でお金を貯める方法|「正しい知識」を身につけよう
こんにちは、FPライターのsuperwriterです!...
【生活費・月6万】一人暮らし大学生のための最強節約法

一人暮らしの大学生には、時間もお金もありません。そのため社会人向けの節約術が通用しないことも。この記事では一人暮らしの大学生に特化した節約術を紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました