絶対に外さないおすすめのキャッシュレス決済|そしてPay Payを選ばなかった理由

キャッシュレスの選び方

こんにちは、superwriterです!

 

2018年はキャッシュレス化の波が非常に強まった一年でした。

 

LINEペイ、楽天ペイ、PayPay、Kyash、などなど、一年前には予想もしなかったくらいキャッシュレス決済が進化しましたよね。

 

とはいえ、ユーザーの視点からすると、

 

「どのキャッシュレス決済を選べば良いのか分からない」

 

というのが本音だと思います。

 

そこでこの記事では、

  • 自分に合うキャッシュレス決済の選び方
  • とりあえず間違いないキャッシュレス決済

この2点について解説していきます。

 

スポンサーリンク

自分に合うキャッシュレス決済の選び方

さて、たくさんあるキャッシュレス決済の中から、いったい何を選べば良いのでしょうか?

 

それぞれのキャッシュレス決済には、それぞれの特徴があります。

 

まずはその特徴を整理してみましょう。

  • QRコード決済ができる
  • リアルカード決済ができる
  • ポイントの還元率が高い
  • 幅広いお店で使える
  • 割り勘ができる

こんな特徴があげられますね。

 

そこで、実際にユーザー側のニーズから整理しなおしてみると、

  • スマホ一つで決済したい
  • ポイント還元率の高さで節約したい
  • どこでも使いたい
  • 家族や友達との割り勘に使いたい

この3点に整理できるでしょう。

 

そこで、自分に合ったキャッシュレス決済を選ぶには、この3点のうち、何を重視するかが重要なポイントになります。

 

それでは実際におすすめのキャッシュレス決済を見ていきましょう!

 

【Kyash】総合的におすすめのキャッシュレス決済

f:id:superwriter:20181031193657p:plain
https://kyash.co/

「Kyash」とは、プリペイド型の電子マネーです。

 

Kyashの特徴は、

  • 無条件でポイント還元率が高い
  • 使えるお店が多い
  • 割り勘ができる
  • スマホで管理できる

とまとめることができます。

 

Kyashの始め方・使い方

Kyashの始め方は非常に簡単で、Kyashアプリをダウンロードすれば、その場ですぐに使えるようになります。

 

Kyashには、「バーチャルカード」と「リアルカード」の2種類が存在しており、アプリの時点では、「バーチャルカード」を発行することになります。

 

バーチャルカードとはいっても、通常のクレジットカードと同じで、カード番号が発行されるので、インターネットサイトでの決済がすぐに可能になります。

 

また、アプリ上でリアルカードの発行手続きを行えば、1週間から2週間ほどで、いわゆるクレジットカードとしてのKyashが郵送されてきます。

 

リアルカードを持っている方が、決済できるお店が増えるので、リアルカード発行手続きを行うことをおすすめします。

 

そしてKyashはプリペイド型の電子マネーとなっているので、チャージしなくては使えません。

 

チャージの方法は大きく2種類あり、「現金チャージ」と「クレジットカードチャージ」が使えます。

 

現金チャージの場合には、「セブン銀行ATM」、「ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルK、サンクス、セイコーマート」、「ペイジー」でのチャージができます。

 

クレジットカードチャージの場合には、VISAかマスターカードのクレジットカードを紐づけることで、毎回チャージしなくても支払いができるようになります。

 

また、クレジットカードチャージの場合でも、「金額指定チャージ」ができるようになりました。

 

さらにクレジットカードチャージの場合には、クレジットカードのポイントもKyashでのポイントも貯まるので、ポイントの二重どりができるようになっています。

 

Kyashのチャージでは、クレジットカードチャージが最もおすすめです。

 

Kyashのポイント還元率は総合的にNo.1

Kyashのポイント還元率は、おどろきの2.0%です。

 

しかもこの2.0%還元は、無条件で、いつでもどこでも適用されます。

 

現状、無条件下での還元率でKyashの右に出る電子マネーは存在していません。

 

ある条件下での還元率や、キャンペーン期間中の還元率でKyashを上回るキャッシュレス決済はありますが、Kyashのように無条件で2.0%を保障しているものはないのです。

 

ポイントの還元率の高さだけでもおすすめしたいくらい、非常にお得なKyashです。

 

KyashはVISA対応のお店ならどこでも使える

Kyashの2点目の特徴としては、VISA対応のお店ならどこでも使えるということです。

 

プリペイド型の電子マネーではありますが、支払い方法としてはVISAブランドのクレジットカードと同様になります。

 

そのため、VISAでの支払いができるお店にはすべて対応しており、非常に使える場所が多いキャッシュレス決済となっています。

 

他のQRコード決済型のキャッシュレスは、まだ導入しているお店が少なかったり、ユーザー側のリテラシーが追い付いていないことが原因で、使えるお店が少ないという難点があります。

 

しかしKyashなら、すでにVISA対応のインフラが日本全国に張り巡らされているので、今すぐキャッシュレスにしたい人におすすめできます。

 

Kyashで家族や友達と割り勘できる

Kyashの3つ目の特徴は、アプリを使って家族や友達と割り勘ができることです。

 

Kyashアプリには、電子マネーの送金機能がついているので、アプリ利用者同士で送金しあうことができます。

 

食事や飲み会、一緒に買い物に行ったときなど、さまざまな機会で割り勘ができます。

 

Kyashアプリで割り勘をすると、1円単位での細かい送金が簡単にできてしまうので、現金の割り勘のときに生じる「小銭が足りない」や「おつりが出ない」などの問題がなくなります。

 

これだけでも非常に便利な機能ですよね。

 

Kyashアプリでスマホ管理ができる

Kyashの4つ目の特徴は、Kyashアプリでさまざまな情報を一気に管理できるということです。

 

支払いの履歴はもちろん、紐づけするクレジットカード情報や、送金先の情報も管理できます。

 

また、万が一リアルカードを失くしてしまったときにも、Kyashアプリでカードの利用停止ができます。

 

通常のクレジットカードなら、カード会社に電話しないと停止できないのですが、Kyashならアプリですぐに手続きができます。

 

資産管理だけでなく、安全面でも、Kyashアプリが活躍しますよ。

 

【LINEペイ】圧倒的使いやすさを追求したキャッシュレス

f:id:superwriter:20180924113454p:plain
https://line.me/ja/pay

LINEペイとは、SNSアプリ「LINE」によるキャッシュレス決済です。

 

LINEペイは現在キャッシュレス決済市場の最先端を突っ走る先駆者で、独自のサービスを次々と生み出しています。

 

LINEペイの特徴をまとめると、

  • QRコード決済ができる
  • リアルカード決済ができる→使えるお店が多い
  • 特定の条件下でポイント還元率が高い
  • チャージ方法が多様
  • 割り勘ができる
  • LINEアプリで一括管理ができる

このようにたくさんの特徴があります。

 

それぞれは難しく聞こえますが、ひとつひとつ簡単に見ていきましょう。

 

LINEペイの始め方・使い方

LINEペイは、LINEアプリから始めることができます。

 

通常のSNSとしてのLINEから始められるので、新たにアプリをインストールする必要はありません。

 

LINEペイを始めると、すぐにQRコード決済ができるようになります。

 

しかしそれだけだと決済できるお店が少ないので、ボクとしてはリアルカードの発行を行うことをおすすめします。

 

LINEアプリ上からリアルカードの発行手続きができますよ。

 

実際にLINEペイを使うには、実際にチャージをする必要があります。

 

多様なチャージ方法があるので、使いやすい方法を選ぶと良いですよ。

 

LINEペイは使えるお店が多いが注意が必要

LINEペイは使えるお店が非常にたくさんあります。

 

QRコード決済ができるお店は現在急増中ですし、リアルカードはJCB対応のクレジットカードとして使えるので、日本全国のJCB対応店で利用可能です。

 

利用可能店舗数としては、キャッシュレス決済の中ではNo.1のLINEペイではありますが、実際に使う際には1点だけ注意が必要です。

 

それは、QRコード決済とリアルカード決済では、ポイントの還元率が異なるという点です。

 

QRコード決済の方は、還元率が2.0%、キャンペーン中には最大で26%還元と、非常に還元率が高くなっています。

 

しかし対象店舗は未だ限られており、決して使いやすいとは言えません。

 

一方リアルカード決済の方は、JCB対応店ならどこでも使えますが、ポイント還元率はLINEペイの1ヶ月の支払い総額によって決まるランクごとに違います。

 

最低ランクでは0.5%、最高ランクでは2.0%となるので、上手く利用しないと、還元率が低いカードになってしまいます。

 

LINEペイは特定の条件下では還元率最強クラス

LINEペイは、QRコード決済の場合、還元率が最強クラスになります。

 

基本的にはKyashと同じ2.0%還元でしたが、キャンペーン時には最大で26%還元という破壊的な還元率を誇っています。

 

最近ではQRコード決済のユーザーを増やすために還元率UPキャンペーンを頻繁に行っているので、特定の条件下では最強クラスのキャッシュレス決済と言えるでしょう。

 

ユーザーとしては、高い還元率を得られるならLINEペイを使う、ということがベストです。

 

LINEペイのチャージ方法が多様で使いやすい

LINEペイのチャージ方法の多様さは、キャッシュレス決済の中でも格段に抜きんでています。

 

ひとまずまとめると、

  • 銀行口座チャージ
  • セブン銀行ATMチャージ
  • コンビニチャージ
  • オートチャージ

の4種類があります。

 

銀行口座チャージとは、LINEアプリと銀行口座を紐づけることで、手数料0円で口座からチャージができるという方法です。

 

これはATMの引き出し手数料の節約にもなりますし、ATMで引き出せない1000円以下のお金の利用にも役立ちます。

 

次のセブン銀行ATM、コンビニチャージとは、その名のとおり、コンビニで簡単にチャージできる方法です。

 

最後のオートチャージとは、LINEペイの残高が一定の金額を下回ったときに、指定の銀行口座から自動でチャージされるという機能です。

 

これを設定していると、毎回チャージする手間が省けます。

 

チャージ方法に関しては、LINEペイは圧倒的な使いやすさと言えるでしょう。

 

LINEの友達同士で割り勘・送金ができる

LINEペイの特徴の一つに、割り勘・送金機能があります。

 

Kyashにも同じ機能がありますが、KyashはKyashアプリの利用者でないと割り勘できないのに対し、LINEペイなら、SNSのLINEアプリで友達になっている人なら誰とでも利用することができます。

 

Kyashの場合は、実際にはユーザー数がまだまだ足りず、割り勘機能を使いたくても、友達がみんなKyashアプリを持っておらず、活用できないという場面が当たり前ですが、LINEならほとんどの人が利用しているので、割り勘機能を現実的に使うことができるでしょう。

 

おそらく、電子マネーの割り勘機能が一般的に使われるようになる最初の決済方法は、LINEペイになることは間違いありません。

 

LINEアプリですべてを一括管理できる

LINEペイは、その使いやすさから、さまざまなサービスと連携しなくてはなりません。

 

しかしそのすべてを、SNSのLINEアプリで管理することができます。

 

またLINEアプリでは、LINEペイ以外のポイントカード(ポンタやTカード)の登録も行っており、LINEアプリ一つでサイフの代わりにしようというプロジェクトを進めています。

 

そうした意味でのLINEウォレットとして、今後LINEペイが活用されていくことは間違いないでしょう。

 

【Google Pay】おなじみの電子マネーをすべてまとめる最強決済

f:id:superwriter:20181228175026p:plain
https://pay.google.com/intl/ja_jp/about/

Google Payとは、android専用の電子マネーアプリです。

 

Google Payでは、androidのNFC(おサイフケータイ)機能を使って、簡単に電子マネー支払いができます。

 

Google Payの特徴は、

  • おなじみの電子マネーが一括でまとまる
  • モバイルSuicaが使える
  • 【終了】支払い回数ごとにくじが引ける

とまとめられます。

 

これまで紹介してきたKyash、LINEペイとは異なるキャッシュレス決済ですが、非常に使いやすくお得な決済方法です。

 

Google Payならおなじみの電子マネーが一気に使える

Google Payの最大の特徴は、これまで誰もが使ったことのある電子マネーを、ほとんどすべて一つのアプリ内にまとめられるということです。

 

対象の電子マネーは、

  • モバイルSuica
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON
  • QUICPay
  • ID

この6種類です。

 

nanacoやWAONなどを一括でまとめることができるので、サイフの中に余計なカードを入れなくてよくなりますし、スマホの中で電子マネーアプリがたくさん容量を食うこともなくなります。

 

さらにQUICPayに対応している点は、Google Payの最も優れた点です。

 

QUICPayに対応させるには、支払い手段としてのQUICPay対応クレジットカードを選択しなくてはなりません。

 

実は、これまで紹介してきたKyash、LINEペイはどちらもQUICPay対応のカードなのです。

 

そのため、Google Payに登録することで、Kyash、LINEペイをQUICPayとしても使うことができるようになります。

 

Google PayのおかげでandroidでもモバイルSuicaが使えるようになる

実はこれまで、androidのスマホでモバイルSuicaを使う方法はありませんでした。

 

しかしGoogle PayでSuicaが使えるようになったことで、androidユーザーでもモバイルSuica利用が可能になったのです。

 

ではなぜモバイルSuicaに価値があるのでしょうか?

 

実は、モバイルSuicaでは、クレジットカードチャージが利用できるのです。

 

さらにクレジットカードのポイントも貯まるのです。

 

PASMOなどの一部の交通系ICカードでは、クレジットカードチャージができません。

 

さらにSuicaでも、クレジットカードチャージの設定をするのは、非常に面倒な手続きを必要としていました。

 

しかしGoogle PayのモバイルSuicaなら、スマホ一台ですべてが完結できます。

 

SuicaチャージもGoogle Payアプリの中でできます。

 

加えて交通系ICカード発行時に必要な手数料も不要です。

 

こうした意味でandroidユーザーに革命をもたらしたキャッシュレス決済と言えるでしょう。

 

【終了】Google Payの支払い回数分のくじが引ける

Google Payでは、支払い回数分のくじが引けるという仕組みがあります。

 

nanacoでもSuicaでも楽天Edyでも、支払った回数分だけくじが引けるのです。

 

ではそのくじでは何が当たるのでしょうか?

 

くじを引くと、Google Playで使える50~5000円分のクーポン券がもらえます。

 

もし外れた場合には、Googleホームミニが当たる抽選券をゲットできます。

 

毎日の生活でGoogle Pay対応の電子マネーを使う人なら、毎日何回もくじが引けるので、かなりの確率でクーポンを当てることができますよ。

 

ボクは当たったクーポンで電子書籍をよく購入しています。

 

電子マネー「Google Pay」とは? |実際に使える場面を解説!
こんにちは、superwriterです! 皆さんは、Goo...

キャッシュレス決済としてPay Payを選ぶべきか否か

f:id:superwriter:20181228175212p:plain
https://paypay.ne.jp/

これまではおすすめのキャッシュレス決済を紹介してきました。

 

しかし、その中に2018年最も世間を騒がしたキャッシュレス決済であるPay Payが選ばれていないことに気が付いた方もいたでしょう。

 

ボクとしては、おすすめのキャッシュレス決済として、Pay Payを選ぶべきではないと判断しています。

 

もちろん、今後のアップデートで使いやすくなる可能性はありますが、それでも今回紹介した3つのキャッシュレス決済には及ばないと考えています。

 

その理由を少しだけ簡単に説明しましょう。

Pay Payの還元率は0.5%

多くのユーザーがなぜキャッシュレス化していくのか?

 

その最もポピュラーな答えの一つは、キャッシュレス決済の方がお得だからです。

 

Pay Payも、100億円分還元キャンペーンで非常にお得な印象を与えました。

 

しかし実際の無条件下での還元率は0.5%です。

 

たとえクレジットカードチャージでクレジットカードのポイントと合わせても、Kyashには及びません。

 

今後も大規模な還元キャンペーンを行わない限りは、日常的な決済手段として定着はしないでしょう。

 

(*2019/06/08追記)

支払い方法にYahoo! JAPANカードを設定すると、合計還元率が3.0%になりました。

 

かなりお得です。

利用可能店舗の少なさ

Pay Payの利用可能店舗は、他のキャッシュレス決済、QRコード決済と比べて格段に少ないです。

 

この点については、今後拡充していくことは間違いないので、現状での判断となりますが、それでも使いやすさという点で他のキャッシュレス決済に追い付いていないことは事実です。

 

どんなにお得な決済方法だとしても、日々の生活で使えなくてはなかなか普及しません。

 

(*2019/06/08追記)

現状Pay Payがもっとも決済可能店舗の多いQRコード決済になりました。

 

機能面の充実の物足りなさ

さらにPay Payの使いやすさがいまいち実感できない点としては、機能面の物足りなさがあります。

 

KyashやLINEペイのような割り勘機能、多様なチャージ機能があるわけではありません。

 

Google Payのように革新的な使いやすさもありません。

 

この点は、今後拡充していってほしいところであります。

 

総合的にPay Payは選べない

残念ですが、以上の理由から、話題性のわりにはPay Payをおすすめのキャッシュレス決済として選ぶことはできませんでした。

 

しかし100億円還元キャンペーンや、QRコード決済市場が話題になるきっかけを作るなど、長い目で見れば非常に影響力がある決済であったことは言うまでもありません。

 

これからのPay Payに期待です。

 

(*2019/06/08追記)

全体的に課題は残りますが、Pay Payを選ぶのはアリです。

 

おすすめのキャッシュレス決済まとめ

今回の記事では、現状で最もおすすめできるキャッシュレス決済をご紹介してきました。

 

2019年はもっと素晴らしいキャッシュレス決済が生まれ、また進化し、日本でもキャッシュレス化が進むことを祈っています。

 

キャッシュレス決済について知ろう! クレカ・電子マネー・QRコード決済・ポイントのすべてが分かる
こんにちは、superwriterです! ここは、 「キ...
なぜキャッシュレス化した方が良いのか|基本的な6つのメリット
こんにちは、superwriterです。 ここ最近、キャッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました